2016年09月28日

原さんちのDIYリノベ奮闘記7

原さんちのDIYリノベ奮闘記 7
こんにちは!原家の”おかあ”ことゆーこです☆

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
--------------------------------------------------------
「見えてきた!」

工事64日目

4月に入り長男も長女もあと数日で春休み終了という
人手不足必至な状況になってきました。
とにかく学校が始まるまでは毎日頑張ってもらうしかありません。

引っ越しは2週間後。
しかもまた自力引越しをやろうとしています。
果たしてできるのでしょうか!?

引越しに関して相当な不安を抱えたまま、
日中は現場で作業し、夜、家に帰ってから荷造りするという
過酷な日々が始まりました。
さらには、家で使っている自作の木製のクローゼット2台、
テレビ台、水槽台、ベランダの棚などを全部解体し、
板の状態にして現場に運んでこなくてはなりません。
こちらの新居で全て棚などの材料として使うためです。
使えるものは捨てずにとことん使うのが原家の流儀。
ここは頑張らないと!

01.jpg
長く辛い下地期間が終わり、ついに本番の塗装に入りました。
もちろん本番も長いのですが・・・
長女は部屋の壁を水色にしたいので、
まずは全面をローラーで白く塗っていきます。
白くしてから水色を塗らないと、下地のベニヤの色が出てしまうので。


親方がキッチン収納兼アイランド作業台の造作に取り掛かりました。
家のど真ん中にくる最も重要な部分です。
当初、天板はコンクリート(おとうが現場で作ろうとしていた!)
で作る予定でしたが、急遽、今やっている現場で大判タイルが余ったので、
そちらを使うことにしたようです。
内心ほっ。作るの大変な事知ってるくせにやろうとするから〜!
時間もございませんよっ!
02.jpg
毎回おとうの急な変更や要望も穏やかに受け入れる親方。
いつでも平常心で黙々と作業。
尊敬します。

03.jpg
親方、私、そうたの合作。ダブルベッドも大体完成!
下はあまり使わないけど取っておく物用の収納スペースです。

04.jpg
色の調合師アミーゴ。
部屋の壁を全部水色に塗り終えると、
今度はベッドのアンティーク窓と同じ茶色を調合して、
窓枠を塗っていきます。
赤、青、黄色、白、黒を絶妙に混ぜ合わせ全く同じ色が再現できました。
絶妙〜〜!

05.jpg
タイル職人そうた。
キッチンの床のタイル貼りに入りました。
端や角の方はタイルカッターでぴったりサイズに切っていきます。
もはやタイルの扱いはお手の物。
頼もしくなってきましたね〜


工事70日目

ああ、なんと春休みが終わってしまいました!
工事ができる最後の日曜日、
全員集合&アミーゴのお友達にも手伝ってもらって猛スピードで仕上げます!

06.jpg
長女の部屋の床は、ナラ材のフローリングに
水性塗料を塗って拭き取っていきます。
家族の中で一番こだわりの強いアミーゴは
自分の中にイメージが完璧にできているので
事前に何度も試し塗りして決定しているので
納得のいくように仕上げたようです。
妥協しない女。

07.jpg
扉の仕上げに入ります。
茶色い既存扉を白に変身させます。
乾かしながらなので、何日かに分けて行いましたが、
扉4枚分の塗った回数を数えると、1枚につきシーラー2回、
ファインウレタン2回の合計16回x裏表だから合計32 回塗りました。
もうだんだんお疲れモードに。
私はいい加減なので「もういいよこれで。」と
妥協しまくる女。
・・・の割には頑張ったのよ〜〜

08.jpg
こちらもお疲れのため、徐々に壊れていくアミーゴさん。
塗って塗って塗りまくる!

ソファベッドの内側の壁の色は白でいいかなと思っていましたが、
珍しくおとうが紫がいいかもと言い出したのでびっくりです。
今あまり紫は使わないけれど、オリエンタルっぽくしたいことだし、
意外といいかも?

まずベニヤをパテで塗って乾かした後、
アミーゴが調合してくれた紫で塗ります。
試しに塗ってみました。
さて、どうでしょう。

2面塗り終えたところで、紫が濃過ぎて気に入らず、
少し薄めてグレー寄りに調合し直してもらいました。
09.jpg
少し塗るのと、1面を塗るのでは
色の見え方が変わってくるので想像力が必要なのですが・・・
ま、いいかな。これで塗ってみよう。

10.jpg
あら!!今度はグレーに寄りすぎた!?
ほんのりむらさきを感じる程度のグレー。
なんか違うかも・・・
もうちょっと赤みが欲しい・・・
照明をつけたら、黄色味がかるし、日中と夜の見え方も違うので
しばらく様子を見ますか・・。

うまくいかなくて時間がかかることばかりだけど、
塗装が進んだら一気に終わりが見えてきました。
はたと周りを見渡すと、もうベニヤや石膏ボードが見えません。
これだけで劇的に仕上がってきた感が増しました!
やっと迷走から脱出できたかも!

終わる気は全くしないけれど、
あと1週間ちょっと、みんなで力を合わせて気合いで乗り切りますよ!


つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
*そうた... 原さんちの長男
*アミーゴ... 原さんちの長女
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

原さんちのDIYリノベ奮闘記6

原さんちのDIYリノベ奮闘記 6
こんにちは!原家の”おかあ”ことゆーこです☆

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
--------------------------------------------------------
「迷走の日々」

工事56日目

工事から2ヶ月近く経った3月下旬、河原の桜の蕾がほころび始めました。
長女がやっと春休みに突入したので、ほぼ毎日一緒に現場通い。
頼むね、アミーゴ。
ポカポカ日差しの中、お花見しながらのお昼ご飯はなんて幸せ〜!

01.jpg

さて、工事の方はおとうが仕事が忙しすぎてなかなか作業に入れず、
ちょっと心配になってきました。
しかも、唯一男で頼りにしている長男が徐々にだらけモードに。
夜遊びが過ぎてご覧の通り・・・!?
02.jpg
グーーー、グゥーーーーー、グアーッ、ゴーッ。

ちょうど出来上がった長女のベッドで昼寝をする長男。
真下で親方の電動ドリルの爆音が響いているというのにびくともしない!
小さい頃からどこでも良く眠れるのは知っていたけど、まさかここまでとは・・・
爆音だよ、爆音。すごいよ。驚きだ。
飛行機であまり寝付けない私からしたら、ちょっと羨ましい・・・

っていうか!親方は今、お前の寝る場所を作ってくださっているんだぞ!!
なのによく寝てられるな、お前はーーーっ!


ゆすっても何をしても目を覚まさない。

仕方なく養生シートで息子を養生する私。

どんなオチですか。
親方ごめんなさい。(涙)


そんな中、頼りにできるのはしっかり者のアミーゴさん。
グータラ兄を見ても何にも言わず、ただ自分のやるべきことをやっていきます。
私と長女は約2週間くらいかけて、塗装の下準備を進めました。
家中の壁全て、塗装する部分にひたすら下地材やパテを塗る。
塗って乾いたら、コテのすじ跡が目立って大きくデコボコしているところを
紙ヤスリでこすって表面を整えていく。
この紙やすりでこする作業が全身、部屋中、粉まみれになるのだ。
これが1番つらかった!
やればやるほど粉まみれ。やらない訳にもいかないし。
あー早く解放されたい!一体いつ終わるんだろう・・・
途方に暮れる毎日が続きました。
03.jpg
毎日全身粉だらけのアミーゴ。
早く家に帰ってお風呂に入りたい・・・

04.jpg
タイル職人そうたは、粉でヒーヒー言う女子二人を尻目に黙々と作業。
6角タイルを敷き詰めていきます。
もう寝てませんか?大丈夫ですか?


女子チームが下地をやっている間に、
親方は着々と自分の作業を進めていきます。
ソファベッドのニッチが真四角だったので、私のイメージはアーチ型なんだと
伝えると、すぐその場で木を切り、ノミで角を削り、
あっという間に私の希望イメージ通りのアーチ型を作ってくれました。
すご〜い、親方!感動!

05.jpg

そして、解体時にできた廊下の天井の隙間。
玄関の天井だけを完全に取り払ったことで
廊下との境目にこの隙間ができてしまったのです。
これはもう収納スペースにするしかないです!
ヤッター!
狭い家だとこういう1ミリの無駄もありません的な発想に
異常な喜びと満足感を感じてしまいます。笑
収納場所に困っていたキャンプ道具がしっかり収まりました!

06.jpg

キッチンの食器棚も親方の手により、いつの間にか作られていました。
ここはパイプスペースが出っ張っていて格好が悪いので、
扉をかぶせるように作って隠してしまいます。

07.jpg

08.jpg
キッチンのシンクが来た!

09.jpg
2週間くらいかけて家中の下地と、ドア枠の塗装をすべて終わらせました。
やっと粉まみれから解放されます。

・・・・で、えっと、これからが塗装の本番なんだよね?

しかも1回とかじゃないんだよね?
2回くらい塗るんだよね、きっと。


終わるんですか?

本当に終わるんですか?

おとうちゃん全然手伝ってくれないですけど終わるんですか?


まだ終わらない、まだ終わらない・・・
砂漠の中でさまよっているような・・・

ゴールが想像できなさすぎて、モチベーションが下がります。

目の前に見えている風景は、
下地のベニヤ板や石膏ボード、養生シート、
電気コードもぶらんぶらんとぶら下がったまま、床は木の粉、パテの粉だらけ。
これが本当にきれいになるの?

「そうちゃん、アミーゴ、今のこの状態が
最終どんな風になるか 想像できる?」

首を横に振る二人。

「ダメだ。おかあも全く想像できない」

「おとうと親方は想像できてる?」

当たり前だろとうなずく二人。

想像できないって辛いのね。
頭の中に白いパテの粉がモヤモヤ舞ってブラックホールに吸い込まれそう。

わぁーーーーーーーー

迷走の日々がまたまたしばらく続きました。

つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
*そうた... 原さんちの長男
*アミーゴ... 原さんちの長女
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

原さんちのDIYリノベ奮闘記5

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
--------------------------------------------------------
「順調?」

工事32日目

ずっと寒い思いをしてきた工事でしたが、
3月に入ると昼間はぽかぽかしてきて、ちょっと動くと
半袖になりたいくらいの日もありました。

家の向きは南西なので、午後の低い日差しは
キッチンの奥まで差し込んで、十分すぎるほど明るくあたたか。
夕方になると遠くに富士山の頭がちょこんと見えて、
オレンジ色の夕焼け空が、1日の工事の疲れを全て取ってくれました。
猫の額ほどの空しか見えない現在の住まいから、
あとひと月半すればこっちで暮らせるんだと思うと毎日がウキウキでした。

でも、1ヶ月経っても工事は思ったよりも
進んでいないようなかんじがして・・・
さらに想像力が足りないのか、出来上がりが想像できない為に、
ごちゃごちゃの現場を見ると本当に終わるのかと焦りばかりが
募るようになっていました。
なのに、3月は例年通りなぜだか忙しく、カレンダーの予定はびっしり。

おとうにしつこく、工事間に合う?
4月中旬に引っ越しで間に合う?
と聞いても、

「んー、終わらせる」と。

全部終わるか?っていったら終わらないけど、
終わらせるってことかな?多分ね、そういうことでしょう。
もうあまり考えずに、ひたすらできることをするしかないようです。

さて、工事の方は2段ベッド周りの木工事がだいぶ進み、
しっかり形になってきました。
上のベッドは長女の部屋側から鉄の造作梯子をつけて登れるようにします。
天井付近は熱がこもりやすいので窓をつけて、風通しも良くします。
真ん中に取り付けた古材と雰囲気を合わせたいので、
窓はアンティーク窓を探すことにしました。

01.jpg
ベッドの右隣は収納スペース。
その裏側は長女のクローゼットとなります。
下に作るソファは長男が帰ってきた時の寝るスペース。
ソファの下にはお布団を入れる収納を。
洞穴のような感じになるので、
中にアーチ型のニッチを作り、オリエンタルな雰囲気にしたい。
というのが私のイメージです。
トルコで買った絵皿を飾って、
キャンドルを灯せばいい読書スペースにもなりそう。

02.jpg
(ニッチはこんなイメージ)

次は、床のフローリング貼りです。
遮音マットを敷き詰めた上から、電動ドリルで
フローリング木材をとめていきます。

リビングと廊下のフローリングは、最近フィールドガレージでも
よく使っているナラの無垢の材を使いました。
この無垢材は表面がでこぼこしているので、
わんちゃんなどペットを飼っているおうちにオススメです。

我が家も うさぎさんを飼っているのでこれにしました。
うさぎの足の裏は完全に毛に覆われているのでさすがに滑りますが、
つるつるのフローリングよりはまだマシな感じです。

リビングのフローリング貼りは数日かかりました。
ひたすら電動ドリルを握っていた為でしょう、
夕方 家に帰ると指が曲がったまま固まって動かなくなっていて、
包丁が握れず夕飯が作れませんでした。

でもとても丁寧にやったので、職人さんより上手と親方に褒めてもらいました!
やはり親方は、褒めて伸ばしてくれる人のようです。
意気揚々と長男にやり方のコツを指導する母。
フローリングなら おかあに任せて!
03.jpg
フローリングは脇にドリルで下穴を開け、細くて長めのビスでとめていきます。

長女も期末試験が終わったので、学校帰りに現場に寄って
少しづつ手伝える時間を取れるようになってきました。
長男の廊下のフローリング作業と平行に、私と長女は
キッチンの床に下地のコンクリートを流す準備に入りました。
水平器を使って、コンクリートを流す高さに水平の線を引いていきます。
04.jpg

コンクリートの重さと、混ぜる大変さといったら・・・
ここは専門の職人さんにお任せしてしまいました。
賢明な選択だったと思います。はい。
05.jpg
お見事です。プロの仕事にはため息が出ます。すごい・・・
この上にキッチンの床タイルを貼っていきます。

06.jpg
ベランダ側60cm幅に黒の6角タイルを貼りたいので、
ここにも下地のコンクリートを流してもらいました。
窓際の床をタイルにするのはオススメです。
何よりフローリングが日焼けして痛まないし、
植木鉢も置けて水をこぼしても平気だし、
蓄熱するので冬も暖かいし、良いことづくしですよ。

07.jpg
寝室は、新しくダブルベッドを作り、その周りだけ
フローリング材を強力なボンドで貼っていきます。
こちらのフローリング材は、今住んでいる賃貸のキッチン床に
上から敷いて使っていたフローリングを持ってきて再利用。
長女の部屋の床も同じように別のフローリングを強力ボンドで貼りました。
一体私は何枚フローリングを貼ったでしょうか・・・
この1週間で確実に腕が上がってしまいました。

工事の作業は常にいくつかの作業を同時並行してやります。
フローリング貼り、タイル貼りに加え、次にやる作業のための下準備、
マスキングテープを貼ったり、養生をしたり・・・
次から次へと効率良く動かないといけません。
親方も自分の作業をしないとそれこそ工事が進まないので、
言われなくてもどんどん自分で動けるようになってきた。かな?
08.jpg
洗面台のタイルを貼る長男。丁寧。
A型だからかな?
なかなかの几帳面な一面を見せてくれました。
いつもこうだと良いんだけど・・・

この白いタイルは現場の余り。
いつか使おうとずっと取っておいたもの。
ずっとこの日を待っていました!

09.jpg
パテを塗る長女。
さすが美術学生は手つきが全然違います。
パレットの扱いもテキパキと。見とれるレベル。

1ヶ月経つと、それぞれ得意分野がはっきりしてきて

おかあはフローリング
そうたはタイル
アミーゴは塗装

と、上手く分担しながら効率良く作業できるようになってきた気がします。


あ、あれ・・・

おとうは・・・?

そういえば最近ぜんぜん来ないよね。
仕事忙しくなっちゃったみたい。

おとうがいないけど順調?なのかなぁ・・・  ?

つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
*そうた... 原さんちの長男
*アミーゴ... 原さんちの長女
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

原さんちのDIYリノベ奮闘記4

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
---------------------------------------------------
「弟子入り」

工事16日目

ついに長男が春休みで家に戻ってきたので、
原家リノベに本格的に 参戦してくれることになりました。

今日から 親方もりりんに大工の弟子入りです。
いろいろな工具を使いこなし、何でも作れる
ハンディマンになれれば 絶対に女子にモテるはず!

親方、そうたを男にしておくんなし。

頼りにできる年頃になったんだなぁ・・・
と、ついつい幼い頃を思い出してしまう母。

「なんでも自分の手でやってみる先にある何か」
を、茶髪の19歳はどう受け取るでしょうか。

01.jpg
初日、親方に温かい目で見守られる長男。
キッチンから取り外した既存カウンターを
電動ヤスリで磨いて、妹のデスクに変身させます。
既存の部材も、手を加えれば使えるものは活かしていきます。
MOTTAINAI ♪

02.jpg
私もとりあえず簡単なところから作業していきます。
むき出しになった天井に黄色い断熱材が モコモコついているので、
これをヘラでこそげ取っていきます。
取れたら仕上げにコンクリートスプレーを吹き付けて
見た目を綺麗にします。

03.jpg
電気屋さんとも打ち合わせをしていきます。
電気のコードがあちこちの天井からぶら下がっていますが、
これがどう綺麗に収まっていくのかがこの時点ではさっぱり想像がつかない私。
でもこれが・・・
最終的にはかっこよくスッキリ収まっていくんです。


工事の工程は、ざっくり木工事4週間、
内装塗装工事3週間で4月中旬竣工で予定を立てました。

まずは 和室の押し入れを取り払った部分に、
新しく2段ベッドを作ります。
長男も早速、親方に教わりながら作業をします。
道具のひとつひとつから教わります。

04.jpg
天井にハンマードリルで下穴を開け、木材をインパクトで打ち込んでいきます。
天井の作業は力も入らないし、とにかく辛い!

「く、首が・・・」

 ついついうめき声が漏れます。

頑張る長男のお陰でどんどん工事が進む予感です。
ホント助かるよ〜〜


工事26日目

男性陣が木工事中、私は新しく貼るフローリングの下準備を進めました。
既存フローリングの上に遮音マットを敷き、
その上に 新しいフローリング材を貼ることにしました。
二重遮音になり一石二鳥です。
エアータッカーで遮音マットを パスンパスンと止めていきます。

05.jpg
エアーカッター自体は簡単なのですが、
空気を入れるコンプレッサーのホースを外す時の
大きな音が怖くて、最後の最後まで
 一人でエアーカッターにホースをつなげることができませんでした。

「そーちゃん、やって〜〜」
「だから怖くないって〜〜」

工事期間中、何度も息子に甘えました。笑

段々と2段ベッドの形が見えてきました。
長男に指導をするおとう。父親の本領発揮です。
親子で家を作れるなんて素敵な体験!
都会じゃなかなかできません。

これをきっかけに将来は田舎に行って一軒家を建てる!
なんて言い出さないかな〜
ひとりで勝手にウキウキする母。

06.jpg
存在感のある古材がこの部屋のアクセント。
材料は年と共に味わいが出るものを使いたい。

07.jpg
こんなイメージになる予定です。
横から見た図わかりますか?

08.jpg

「なかなかセンスがあるよ」

親方、褒めて伸ばしてくれるタイプのようです。

「親方ひとりじゃ無理だよ。
 この調子じゃ絶対工事終わらないよ。
 俺明日8時に来るわ。」

えらく頼もしい発言をしてくれました長男。
親も顔がほころびます。
夜遊びばかりの人が、さてはて続くでしょうか!?

つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
*そうた... 原さんちの長男
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

原さんちのDIYリノベ奮闘記3

こんにちは!原家の”おかあ”ことゆーこです☆

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
----------------------------------------------
「安全第一」

2016年1月

「解体から全部自分たちでやるぞ!」

「か、解体からなの!?」

散々余裕をかましていたはずの おとうが、
年末年始のベトナム旅行から帰るなり、急に鼻息が荒くなってきた!
さすがに工事まで1ヶ月切ったので焦ってきたご様子。

1月末にやっと物件の引き渡しがあるので、2月1日から工事開始として
おとうが作った工事日程表は2ヶ月半。

一戸建てならもっと時間をかけても大丈夫かもしれませんが
マンションの場合、壁1枚向こうの隣近所さんに長い期間
ご迷惑をかけられないので長くてもせいぜい2ヶ月半に抑えたいところ。
当然 家族4人だけで工事をするのは絶対に無理なので、
大急ぎで、フィールドガレージの謎の男、DIYアドバイザーのもりりんを
2ヶ月半、原家の大工としてスケジュールを抑えてもらいました。
(もりりんのスケジュールが合わなかったらどうなっていたんだろう...ゾッ)

だ、だけど本当に自分たちで解体から全部できるんだろうか・・・

もりりんがいるとはいえ、
こんな大きな工事は自分たちでやったことがないし、
子供たちは普段学校もあるし、
春休みに入ればだいぶ作業ができるかもしれないけれど、
て言ったってずっとじゃないし・・・

どうせ おとうは忙しくて現場に行きたくても
行けなくなるのは目に見えているし。
私は事務所と現場を行ったり来たりして、
結局、もりりんと私の二人で作るってこと???
できるのかなホントに???

・・・と、ごちゃごちゃ言ってたらダメなんです。





01.jpg
「できるかな?」じゃねえよ やるんだよ
(原家の家訓。事務所にも貼ってあります。このノッポさん最高でしょ!?)

はい。やります。壊します。

2月初め。晴れ。解体日和。

会社のスタッフを引き連れて、いざ我が家の解体現場へ!
さすがに全員、家の解体はやった事がないので
勉強も兼ねての貴重な体験です。

工事スタート2日間で既に、親方もりりんがひとりで
キッチンの造作棚を取り払ってくれていました。
今日は約8人でリビング、和室、キッチンの天井・壁を解体していきます。
親方の指示の元、各自配置について、もくもくと作業が始まりました。
02.jpg
私もバールを持って、がんがん壁を壊していきます。
石膏ボードに壁紙が貼ってあるので、砕いたら、
壁紙と石膏ボードとを分別してゴミ袋に詰めていきます。
バールは大きい方がいいわ、ゲホゲホ。
石膏ボードの粉がすっごい、ゲホゲホ。
この後 悪夢が襲います。

03.jpg
キッチンタイルの貼られた壁はそう簡単に壊せません。硬いっ!
おとうは足蹴で、おりゃー!
ちょっと本当に気をつけてー、ゲホゲホ。

04.jpg
女子2人は畳の解体です。
えんやこら〜えんやこら〜♪ゲホゲホ。

05.jpg
親方もりりんの怪力パワー!
キッチンのシンクをベリベリーっと。ゲホゲホ。

06.jpg
天井もバールで剥がしていきます。
中に鉄骨が見えてきました。これもあとで取らないと。大変そう。
君たち頭かぶらないと汚れるよ、ゲホゲホ。

07.jpg
河原で休憩。お揃いのフィールドガレージワッペン付きつなぎです☆
あー気持ちのいい冬晴れ。
後ろの木は桜。春になったらお花見しよう!なんて話をしながら
デザートも食べて、さあ午後もがんばろー!

08.jpg
午後の作業。
お〜!リビングと和室の間の壁がなくなった!
またもや頑丈そうな鉄骨が付いておりますが、
これも取らなくてはいけないんですよね・・・
ゲホゲホ。

10.jpg
キッチンは見る影もなく・・・
大きな食器棚もシンクもガスコンロも全部ベランダへ一時避難。
なんにもな〜い なんにもな〜い 
ゲホゲホ。

11.jpg
こちらはお風呂場です。
気づいたらタイルも浴槽も親方の手により全部撤去されていました。
親方、仕事が早い。ゲホゲホ。

12.jpg
夕方、大量の廃棄物が部屋とベランダにてんこ盛りでもう動けなくなりました。
いやー大変!
何より危ない!
粉やほこりが辛い!ゲホゲホ。
プロの解体屋さんの凄さが身にしみてわかりました。
こんなに大変なことを少ない人数で短期間でやってしまうんですから
もはや尊敬の念しかありません。
タイルやガラス、鉄骨だって気を抜いたらあっという間に手を切りますよ。
やってみた感想は、「絶対にプロに任せたほうがいい!」
やってみなくても分かるかもしれないけれど危ないです。

「よし、今日はここまで。これだけ進めば上出来。」と、腕を組む親方。

「あざーっす!」

スタッフのみんな、本当に助かりました!ありがとう!
みんなといい経験ができました。
大変さがよーーーーーく分かりましたよね。

みんな怪我しなくて、よかったよかった。

(まさかの私だけ釘が足の親指に裏から突き刺さって
途中から役立たずになったってことは、内緒でね。ほら、やっぱり危ない。)

つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

原さんちのDIYリノベ奮闘記2

こんにちは!原家の”おかあ”ことゆーこです☆

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
----------------------------------------------
「自立への一歩」

2015年秋

「やばい!そろそろ自分ち設計しなきゃ!」

物件契約から引き渡しまで8ヶ月も期間があったせいで、
すっかり後回し後回しにしていたわけです・・・
(まあ大抵、原家はなんでもギリギリ綱渡りなんですけどね。汗)

すぐに不動産屋さんと売主さんに連絡を取り、
採寸をしに行かせてもらいました。
家に入れてもらうと、おとうがメジャーで測った数字を、
アミーゴが片手に持ったボードの図面に書き込み、私は写真に収めていきます。
おとうには優秀な秘書が二人もいるの・・・笑

隅から隅まで3人でサイズを測りまくり、
それを元に新しい図面を起こしました。
それからは毎日、原家設計ミーティングが夜な夜な開催され、
ピンタレストなどを見てはイメージを膨らませていきます。
この、あーだこーだの時間が楽しいですよね。

まずはコンセプトを決めて、あとはやりたい事を並べていきます。
01.jpg

コンセプト
「アトリエのある暮らし」
ベランダ側の明るい部屋を広くしてアトリエっぽくしたい。
娘が絵を描くので図工室みたいにテーブルや床が
どんどん絵の具で汚れちゃったら最高です。

壁には作品をたくさん飾って、ジャングルっぽく植物も
たくさんぶら下げて、旅の思い出も溢れる空間。
ベースはシンプルに、インテリアはミックスだけど
スパイスを効かせつつ調和が取れるような・・・うん、素敵。
そんなイメージが固まりました。

やりたいこと
・これまでの布団上げ下ろし生活20年に終止符を打つ!
 もれなく全員憧れのベッド生活!
・お弁当を3〜4個同時に作れるように大きいキッチン作業台を作る!
・大きなテーブルを作って人をたくさん呼べるようにしたい!
・スクリーンで映画を見たい!(テレビが30インチなもので)
・体育座りからの脱却!足が伸ばせる浴槽を!(マニフェスト風)

さて、だいたい大枠が決まったら、あとは図面とにらめっこです。
広いおうちなら何も問題がない所も、狭いとミリ単位で悩んでいきます。
と言っても、今回は自分たちでDIY。
やりながら考えるでよし。

BEFOREは3LDKの64平米。
玄関を入ってすぐ右に6畳の個室1部屋、左に洗面所と風呂場、
中間右手に納戸3畳、左にキッチン、奥のベランダに面して右手に6畳和室、
左手にリビングダイニング。よくある配置。

手間を省くため、安く仕上げるため、なるべく既存配置を残す方向性にし、
大きく変更するのはリビング、和室、キッチンの壁と天井を取り払い、
部屋をひとつに繋げます。
もうこれだけで見晴らしのいいすっきりした空間になるんです。
02.jpg
リビングから見た和室。
壁を壊して天井も壊して高くします。
和室の床はレベルが違うのでそれも合わせないといけません。

03.jpg
リビングとキッチンの境目。
大きくて立派な天板はもったいないので、
長女の勉強机に再利用することにしました。
この壁と天井はすべて取り払って広く明るいキッチンにします。

04.jpg
既存キッチンはすべて取り払い、動線の使いやすいキッチンに変えます。
もちろんキッチンは1番気合いを入れて作り込んでいくスペースです。
家の中で最も重要!

05.jpg
和室右側の押し入れ。天袋もあるので収納力は抜群。
が、これをすべて潰し2段ベッドに変更。
上部のベッドは隣の長女の部屋側から使い、
下部はこちら側から使えるソファベッドに。
この無駄のない空間使いが今回のポイントでもあります。

ただですね、
この家の中の1番の大収納力をなくしたもんで収納問題が勃発・・・

今、図面上では夫婦の寝室のクローゼットと、
ダブルベッドの下収納を考えていたのですが、ざっくり想像しても
確実にこの押し入れ分の収納が足りなさそうでした。

頭の中の図面で、持っている荷物をしまっていきます。

ん?テントの中に敷く銀色のマットが入らない。
ん?ビーチパラソルも入らない。
じゃあ、あれ捨てて・・・これ誰かにあげて・・・
頭の中でどんどん処分していきます。

他にもいつか使うかも・・・
と取っておいた数々の服、バッグ、靴、食器、雑貨類などなど。
それらは大抵使いませんっ。ハイ。(必死で自分に言い聞かせる)
そして実際に、もらってくれる人を探したり、ネットで売ったりして
徐々に頭の中の図面に収めていきます。
なんとか押し入れ分の物を処分して、それでもまだまだ溢れる物がありますが、
それは引越しをしてから、実際に片付けながらさらに処分していくことにしました。

あとは・・・
DIYの強み。自分でやることの強みなのですが、
工事しながら図面では見えなかった収納スペースの発掘ができるのです。
結果は後日!

物件を決めた時から広さ的に、
大学生の長男の部屋の確保は難しいなと思っていましたが、
やはり逆立ちして考えても無理です。
すでに一人暮らしの部屋があるのに、実家にも部屋があったら
私たち憧れの二拠点居住ではありませんか。
大きなお家ならまだしも、この都会の狭い空間では、
やはり無理なものは無理です。

覚悟していただきやしょう。

ある時、長男が週末に帰ってきたのでこう言いました。
「あ、言っとくけどもうこの家にはそーちゃんの部屋はないからね。
寝るところは作ってあげるけど、
荷物はロッカー買ってあげるからそれに入る分だけね。
あとは全部ひとり暮らしの家に持って行ってね。」
「あー、わかった。」

かわいそう?
いえいえ、かわいそうじゃありませんって!
本人は清々してるはずですよ。口うるさい母親が一番嫌な時期ですもん。
私はキツネのお母さんみたいに、子供が自立できそうな時期になったら
子供を追い出しますよ。
シャーって。笑

つづく 
(次はいよいよ解体です。)

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*アミーゴ...原家の長女
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

原さんちのDIYリノベ奮闘記1

こんにちは!原家の”おかあ”こと ゆーこです☆

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった 私達のおうちができるまで、
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
----------------------------------------------
「住めば都」

2015年春

無事に、2人の子供らの同時受験が終わり、
家族全員ホッと胸を撫で下ろしたのも束の間、
いよいよ本格的に物件を探すぞ!と
”おとう”のスイッチが入り、またまた忙しい日々が始まりました。

実は 2年前に、以前住んでいた狭いマンションを売り払い、
受験を迎える子供らに部屋を与える目的と、
次に少しでもいいマンション物件をじっくりと探す為、
仮住まいとして戸建賃貸に移っていたのです。

FGの事務所から徒歩5分の、このオンボロ戸建は、
築40年の昭和な懐かしさいっぱいのおうち。
玄関脇の意外とかっこいい黒タイル、ふすま、
なんかちょっとキラキラしたものが入っている緑色の聚楽壁、
トイレの床の涙型のタイル。

昔過ごした実家と同じだったので、私にとっては郷愁しかないんだけど、
生まれてからマンション暮らしの"おとう"にとっては新鮮そのもの!
それなりに楽しかったんじゃないのかな?
家のまわりは都会でありながら鳥の種類が豊富で、ハクビシンもいたし、
ほんの少し、生き物の気配を感じることができました。

ベランダから見える青空は猫のひたいのように小さく、
いつか、開けた空の向こうに富士山が見える景色を夢見ながら、
春には稲を育て、初夏には梅を干し、秋には柿をぶら下げ、
ベランダで四季を楽しみました。

そんなこんなで楽しく過ごしてはいましたが、
秋には 2年目の更新時期がやってくるので
とにかくそれまでには 新しいマンションを探してここを出ようと、
物件探しを本格化したのです。

物件探しをするにあたって一番大事なのは、
「住めば都」だということを忘れず自分の直感を信じ、
絶対にタイミングを逃さないこと!
これに尽きます。

狭いかな?収納力ないかな?西日暑くないかな?
寒くないかな?結露すごくないかな?ベランダ狭くない?
どうしてもマイナス思考になりますね。

悩んでいるうちにどんどん物件も無くなり、
時間も過ぎていき、焦りばかりが募っていって。。。
タイミング逃して、ががっかりなこと数件。

次もしピピッと来たら、多少の妥協は飲み込もう。
とにかく本当になんたって住めば都だから!(頭では十分にわかっている!) 

"リノベーション"で素敵にしよう!
マイナスって思っている部分もカバーしよう!
その為に知恵を振り絞って工夫する!
これこそが "リノベーション"の楽しいところ!

そうだ、そうだー!

というわけで決めた物件は、
広さ、ルーフバルコニーを妥協した、
富士山の頭が ちょこっと見える4階の角部屋。

広さの妥協は。。。
ひとり暮らし中の長男の部屋はなし!(そのまま自立してくれ)
ルーフバルコニーの妥協は。。。
近くの河川敷でゲリラガーデン作っちゃえ!

で、解決させました。

あ〜 これから毎日 富士山が見えるなんて素敵すぎる!
川も近いし、犬飼っちゃう!?
どんどん夢は大きく膨らんで、新居の設計に取り掛かったのです。
harasan.jpg
つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

お披露目会 in 原さん家

先週、フィールドガレージ代表 原さんのお家の
お披露目会が、原さん家で行われました☆
IMG_3276.jpg

そうなんです。
原さんのお家は、先日、リノベーションを終えたばかり。
さすがは、原さん家のリノベ!DIYリノベがつまったお家なんです!

その経過などの様子は、また追って掲載するとして、
今日は、完成した原さん家の写真を少しご紹介します◎
IMG_3228.jpg
壁にうめこまれたソファスペース
上部の窓は、アンティークでしょうか、雰囲気がありますね〜
鏡は、収納の扉になっています◎

IMG_2770.jpg
こちらは、キッチン
手前の作業台は、大判のタイルを貼ったそうです。使いやすそう◎
右側の戸棚は、家具のように見えますが、部屋の壁をうまく利用して
戸棚風に作っています。ガラス戸は、古家具屋さんに探しにいったそうです

IMG_2793.jpg
洗面台:タイルと木板の壁の相性がとってもいいですね!

IMG_3238.jpg
トイレ:クロスの上品な印象で、お部屋みたいな空間です

IMG_3252.jpg

IMG_3234.jpg

他にもたくさんコダワリドコロがあるのですが、
ご紹介しきれずスミマセン!
次回、FGのお客さまを対象に お披露目会をする予定です♪
本当にアイディアとセンスがつまったお家で、とても素敵でした〜!!

そして、もう一つの お楽しみが お料理!
なんと 原さんのお姉さんがタイ料理の先生をしてらっしゃって、
今回、ケータリングとして来てくださいました。

02.jpg

度々、お姉さんの お料理をいただく機会があるのですが、
お料理たちのうつくしさと美味しさには、我々 毎回 興奮なんです!w

この日は、FGスタッフはもちろん、
スタッフの家族たちも集まって、初めましてトークもあり、
また 普段とちがったスタッフの一面も見れたりと、
とても楽しい会になりました☆

ゴレイコ
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

暮らし上手特別編集「セルフリフォーム DIY BOOK」

暮らし上手特別編集「セルフリフォーム DIY BOOK」発売中!!
03.jpg

内容は、賃貸でも楽しくDIY LIFEできる技や工夫、情報が満載◎
フィールドガレージが運営する”DIY STUDIO”も紹介されています☆

賃貸でも使用可能、便利なDIY家具を作るコーナーに、
FG代表の原さんとDIYアドバイザーが DIY先生として登場していて、
原さんは、キッチンの作業台をレクチャー。

編集部の方が 実際にDIY STUDIOを利用して、
材料を切って組み立て、キッチンの作業台を完成されました★
001.jpg
▲DIY STUDIOで作っている様子

04.jpg

また もう一つは、DIYアドバイザーが 本棚作りをレクチャー。
編集部の方のお家まで、DIYアドバイザーが出張して、
お部屋のデッドスペースのサイズに合った、
おしゃれな本棚を一緒に作りました。

002.jpg
▲作る前、図面のかわりにスケッチを

05.jpg

賃貸だから、お家の使い勝手がわるいのは仕方ないな、、
おしゃれにステキにできないな、、と
あきらめてしまっている方いませんか?

DIYは、その使い勝手のわるさを改善できたり、
おしゃれに変身してくれます◎

やっと暖かくなって、DIYに最適な季節がやってまいりました♪
DIYビギナーの方には、チャレンジしやすいのではないでしょうか?

また DIYは、家族そろってや お友だちたちと一緒になど、
みんなでやると さらにさらに楽しめて、思い出にもなります!

「セルフリフォーム DIY BOOK」は、DIYの手引きはもちろん、
フィールドガレージのDIY STUDIO利用の参考にもなると思いますので、
ぜひぜひ、手にとって見てみてください。

▼ 暮らし上手 特別編集「セルフリフォーム DIY BOOK」by エイ出版社
https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/kurashijouzu-b-415864/

▼ DIY STUDIO 中目黒
http://fgdiystudio.wix.com/diystudio

ゴレイコ
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲載情報! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

春のオープンハウス開催!

"OPEN HOUSE vol.4 2016.4.9 @西馬込"
OH_fb02.jpg

FGオープンハウス開催!!

春です!オープンハウス第4弾です!
今回は、待望の『リノベのその後』のオープンハウスです☆
リノベーションして、実際に住まわれている お家を見にいきましょう!
005.jpg
写真:今回のオープンハウス宅

素材の質感や、大きさの存在感など、写真や図面で見ても、
実際に見てみないと なかなかわからないもの。
リノベーションならではの、使いやすく、素敵な空間を、
実際に 体感できる機会です。

また、当日は 不動産担当者と設計担当者が おりますので、
その場で、物件購入の話や、リノベの簡単なご相談もできます。
今回は、こちらのお家をリノベされた オーナーの方も
いらっしゃいますので、生の声も聞けちゃいます◎

リノベハウスを見てみたいなー。わからないこと聞いてみたいなー、
と思ってる方は、ぜひぜひ 足をお運びください♪

詳細
---------------------------------------
▼日時・場所
4月9日(土)13時〜16時
西馬込駅から徒歩15分ほど

▼ご注意
・完全予約制になります。(定員10組程)
・犬を飼っていらっしゃるお家ですので、アレルギーまたは苦手な方は、
 各自十分にご注意ください。(犬種:フレンチブルドッグ)
・お荷物で壁をすってしまうコトがありますので、
 お荷物は指定の場所において、見ていただくよう、お願いいたします。
・小さいお子様の入室は、お控えいただきますよう、お願いいたします。
(抱っこの赤ちゃんは、大丈夫です◎)
・キャンセルの場合は、事前に必ずご連絡ください。

▼申し込み方法
http://www.fieldgarage.com/page/CONTENTS/EVENT/event.html
----------------------------------------------------
002.jpg

▼▼今回のポイント
なんといっても、リノベのその後の暮らしが見れちゃいます!

〈お施主さまの希望・テイスト〉
・新しい家具と古家具とが合うような、古&新折衷な空間に
・室内に 大きな格子窓をつけたい。
・探してきた アンティークの扉やミラーフレームを使いたい。
・フローリングの雰囲気・材質にはこだわりたい
(キレイすぎない、ざっくり感のあるもの)
・キッチンは、雑多でガシガシ使っている感が、良い感じになるキッチンに。
・収納はたっぷりほしい!

〈コダワリポイント〉
・全壁、天井は、既存クロスをはがすステップから、
 まるまるDIY塗装(毎週末、施主夫婦、両親、友人たちで塗装)
・フローリングは、ラフな無垢フローリングの無塗装を選び、自らで塗装。
 低コストで希望に近い仕上がりに。
・キッチンタイルは打合せを重ね、最終的に希望通りの、飴色の透明感と
 クラフト感のあるタイルを採用。

〈 設計のポイント(設計担当者から)〉
・間取り変更は最小限にし、仕上げや造作にコストをまわして、
 お施主さまの希望を最大限に採用!
・廊下やトイレなど、元々ゆったりした空間のつくりだったので、
 余ったスペースに 収納をたっぷり設けた。
・トイレや洗面室の床タイルは、既存利用。
 タイルが貼っていなかった部分には、段差が出ないように足場板を張り込み、
 既存との違和感が出ないように工夫した。
----------------------------------------------------
004.jpg
質感に こだわったタイル

006.jpg
LD横のベッドルーム。木枠の格子窓もご希望通りの仕上がりに。

007.jpg
飼っていらっしゃる ワンちゃん☆

008.jpg
探して購入した、アンティークミラーを付けた洗面室

この機会を お見逃しなく!!

ゴレイコ
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳より。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする