2016年08月22日

原さんちのDIYリノベ奮闘記5

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
--------------------------------------------------------
「順調?」

工事32日目

ずっと寒い思いをしてきた工事でしたが、
3月に入ると昼間はぽかぽかしてきて、ちょっと動くと
半袖になりたいくらいの日もありました。

家の向きは南西なので、午後の低い日差しは
キッチンの奥まで差し込んで、十分すぎるほど明るくあたたか。
夕方になると遠くに富士山の頭がちょこんと見えて、
オレンジ色の夕焼け空が、1日の工事の疲れを全て取ってくれました。
猫の額ほどの空しか見えない現在の住まいから、
あとひと月半すればこっちで暮らせるんだと思うと毎日がウキウキでした。

でも、1ヶ月経っても工事は思ったよりも
進んでいないようなかんじがして・・・
さらに想像力が足りないのか、出来上がりが想像できない為に、
ごちゃごちゃの現場を見ると本当に終わるのかと焦りばかりが
募るようになっていました。
なのに、3月は例年通りなぜだか忙しく、カレンダーの予定はびっしり。

おとうにしつこく、工事間に合う?
4月中旬に引っ越しで間に合う?
と聞いても、

「んー、終わらせる」と。

全部終わるか?っていったら終わらないけど、
終わらせるってことかな?多分ね、そういうことでしょう。
もうあまり考えずに、ひたすらできることをするしかないようです。

さて、工事の方は2段ベッド周りの木工事がだいぶ進み、
しっかり形になってきました。
上のベッドは長女の部屋側から鉄の造作梯子をつけて登れるようにします。
天井付近は熱がこもりやすいので窓をつけて、風通しも良くします。
真ん中に取り付けた古材と雰囲気を合わせたいので、
窓はアンティーク窓を探すことにしました。

01.jpg
ベッドの右隣は収納スペース。
その裏側は長女のクローゼットとなります。
下に作るソファは長男が帰ってきた時の寝るスペース。
ソファの下にはお布団を入れる収納を。
洞穴のような感じになるので、
中にアーチ型のニッチを作り、オリエンタルな雰囲気にしたい。
というのが私のイメージです。
トルコで買った絵皿を飾って、
キャンドルを灯せばいい読書スペースにもなりそう。

02.jpg
(ニッチはこんなイメージ)

次は、床のフローリング貼りです。
遮音マットを敷き詰めた上から、電動ドリルで
フローリング木材をとめていきます。

リビングと廊下のフローリングは、最近フィールドガレージでも
よく使っているナラの無垢の材を使いました。
この無垢材は表面がでこぼこしているので、
わんちゃんなどペットを飼っているおうちにオススメです。

我が家も うさぎさんを飼っているのでこれにしました。
うさぎの足の裏は完全に毛に覆われているのでさすがに滑りますが、
つるつるのフローリングよりはまだマシな感じです。

リビングのフローリング貼りは数日かかりました。
ひたすら電動ドリルを握っていた為でしょう、
夕方 家に帰ると指が曲がったまま固まって動かなくなっていて、
包丁が握れず夕飯が作れませんでした。

でもとても丁寧にやったので、職人さんより上手と親方に褒めてもらいました!
やはり親方は、褒めて伸ばしてくれる人のようです。
意気揚々と長男にやり方のコツを指導する母。
フローリングなら おかあに任せて!
03.jpg
フローリングは脇にドリルで下穴を開け、細くて長めのビスでとめていきます。

長女も期末試験が終わったので、学校帰りに現場に寄って
少しづつ手伝える時間を取れるようになってきました。
長男の廊下のフローリング作業と平行に、私と長女は
キッチンの床に下地のコンクリートを流す準備に入りました。
水平器を使って、コンクリートを流す高さに水平の線を引いていきます。
04.jpg

コンクリートの重さと、混ぜる大変さといったら・・・
ここは専門の職人さんにお任せしてしまいました。
賢明な選択だったと思います。はい。
05.jpg
お見事です。プロの仕事にはため息が出ます。すごい・・・
この上にキッチンの床タイルを貼っていきます。

06.jpg
ベランダ側60cm幅に黒の6角タイルを貼りたいので、
ここにも下地のコンクリートを流してもらいました。
窓際の床をタイルにするのはオススメです。
何よりフローリングが日焼けして痛まないし、
植木鉢も置けて水をこぼしても平気だし、
蓄熱するので冬も暖かいし、良いことづくしですよ。

07.jpg
寝室は、新しくダブルベッドを作り、その周りだけ
フローリング材を強力なボンドで貼っていきます。
こちらのフローリング材は、今住んでいる賃貸のキッチン床に
上から敷いて使っていたフローリングを持ってきて再利用。
長女の部屋の床も同じように別のフローリングを強力ボンドで貼りました。
一体私は何枚フローリングを貼ったでしょうか・・・
この1週間で確実に腕が上がってしまいました。

工事の作業は常にいくつかの作業を同時並行してやります。
フローリング貼り、タイル貼りに加え、次にやる作業のための下準備、
マスキングテープを貼ったり、養生をしたり・・・
次から次へと効率良く動かないといけません。
親方も自分の作業をしないとそれこそ工事が進まないので、
言われなくてもどんどん自分で動けるようになってきた。かな?
08.jpg
洗面台のタイルを貼る長男。丁寧。
A型だからかな?
なかなかの几帳面な一面を見せてくれました。
いつもこうだと良いんだけど・・・

この白いタイルは現場の余り。
いつか使おうとずっと取っておいたもの。
ずっとこの日を待っていました!

09.jpg
パテを塗る長女。
さすが美術学生は手つきが全然違います。
パレットの扱いもテキパキと。見とれるレベル。

1ヶ月経つと、それぞれ得意分野がはっきりしてきて

おかあはフローリング
そうたはタイル
アミーゴは塗装

と、上手く分担しながら効率良く作業できるようになってきた気がします。


あ、あれ・・・

おとうは・・・?

そういえば最近ぜんぜん来ないよね。
仕事忙しくなっちゃったみたい。

おとうがいないけど順調?なのかなぁ・・・  ?

つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
*そうた... 原さんちの長男
*アミーゴ... 原さんちの長女
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

原さんちのDIYリノベ奮闘記4

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
---------------------------------------------------
「弟子入り」

工事16日目

ついに長男が春休みで家に戻ってきたので、
原家リノベに本格的に 参戦してくれることになりました。

今日から 親方もりりんに大工の弟子入りです。
いろいろな工具を使いこなし、何でも作れる
ハンディマンになれれば 絶対に女子にモテるはず!

親方、そうたを男にしておくんなし。

頼りにできる年頃になったんだなぁ・・・
と、ついつい幼い頃を思い出してしまう母。

「なんでも自分の手でやってみる先にある何か」
を、茶髪の19歳はどう受け取るでしょうか。

01.jpg
初日、親方に温かい目で見守られる長男。
キッチンから取り外した既存カウンターを
電動ヤスリで磨いて、妹のデスクに変身させます。
既存の部材も、手を加えれば使えるものは活かしていきます。
MOTTAINAI ♪

02.jpg
私もとりあえず簡単なところから作業していきます。
むき出しになった天井に黄色い断熱材が モコモコついているので、
これをヘラでこそげ取っていきます。
取れたら仕上げにコンクリートスプレーを吹き付けて
見た目を綺麗にします。

03.jpg
電気屋さんとも打ち合わせをしていきます。
電気のコードがあちこちの天井からぶら下がっていますが、
これがどう綺麗に収まっていくのかがこの時点ではさっぱり想像がつかない私。
でもこれが・・・
最終的にはかっこよくスッキリ収まっていくんです。


工事の工程は、ざっくり木工事4週間、
内装塗装工事3週間で4月中旬竣工で予定を立てました。

まずは 和室の押し入れを取り払った部分に、
新しく2段ベッドを作ります。
長男も早速、親方に教わりながら作業をします。
道具のひとつひとつから教わります。

04.jpg
天井にハンマードリルで下穴を開け、木材をインパクトで打ち込んでいきます。
天井の作業は力も入らないし、とにかく辛い!

「く、首が・・・」

 ついついうめき声が漏れます。

頑張る長男のお陰でどんどん工事が進む予感です。
ホント助かるよ〜〜


工事26日目

男性陣が木工事中、私は新しく貼るフローリングの下準備を進めました。
既存フローリングの上に遮音マットを敷き、
その上に 新しいフローリング材を貼ることにしました。
二重遮音になり一石二鳥です。
エアータッカーで遮音マットを パスンパスンと止めていきます。

05.jpg
エアーカッター自体は簡単なのですが、
空気を入れるコンプレッサーのホースを外す時の
大きな音が怖くて、最後の最後まで
 一人でエアーカッターにホースをつなげることができませんでした。

「そーちゃん、やって〜〜」
「だから怖くないって〜〜」

工事期間中、何度も息子に甘えました。笑

段々と2段ベッドの形が見えてきました。
長男に指導をするおとう。父親の本領発揮です。
親子で家を作れるなんて素敵な体験!
都会じゃなかなかできません。

これをきっかけに将来は田舎に行って一軒家を建てる!
なんて言い出さないかな〜
ひとりで勝手にウキウキする母。

06.jpg
存在感のある古材がこの部屋のアクセント。
材料は年と共に味わいが出るものを使いたい。

07.jpg
こんなイメージになる予定です。
横から見た図わかりますか?

08.jpg

「なかなかセンスがあるよ」

親方、褒めて伸ばしてくれるタイプのようです。

「親方ひとりじゃ無理だよ。
 この調子じゃ絶対工事終わらないよ。
 俺明日8時に来るわ。」

えらく頼もしい発言をしてくれました長男。
親も顔がほころびます。
夜遊びばかりの人が、さてはて続くでしょうか!?

つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
*そうた... 原さんちの長男
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする