2017年01月11日

古民家を見に行ってきました!

 どーも、不動産担当の鹿島です。
今日はちょっと普段の仕事とは違うことですが、素敵なお家を見たのでご紹介です。

私日本のふるいものが好きで、
古民家とか、古家具とか、アンティークなもの大好きです。

特に仕事柄、建物をみるのは好きなので、こういった古民家が見れる機会があれば見に行っちゃいます。


IMG_0155_R.JPG

今回見た古民家は築80年くらいのお家らしく、とてもとても素敵に改修中でした。
やっぱり昔のお家は梁や骨組みがたまらないですね〜。


照明も日本的なものが本当によく合います。
壁も漆喰仕上げでした。
綺麗な白だな〜。

IMG_0144_R.JPG

屋根裏はロフトになっていました。
かっこいい。ほれぼれする。でもきっと寒いだろうし、熱いだろうな〜w

IMG_0141_R.JPG

 壁の裏はこんな感じで竹木舞といって編まれてそこに土壁を塗り、漆喰でしあげます。
すべて自然の素材、土にかえる素材です。

IMG_0139_R.JPG

この天井の高さ〜!そして欄間!

IMG_0138_R.JPG

窓も乳白色でなんともいい光の取り入れ方をしてくれます。
木サッシも、錠もかわいい。

IMG_0153_R.JPG
玄関です。三和土で仕上げてあり、縁台があります。あ〜この昔の玄関のつくり、本当にいいです。
何とも言えない外と内とのコントラスト!

IMG_0136_R.JPG

 昔ながらをきちんと大事にしながらの改修にほれぼれしました。
うれしいな〜



私もこういうのを残していけるような力をつけたいな〜と思ったのがきっかけで
今の仕事をしています。

結局改修にお金はかかりすぎる、銀行もかしてくれない(古すぎるから)、伝統の技を持つ職人が少なくなった、
寒いし不便、そんなことが重なって結局はなくなっていくんですよね。
建売のほうが早いし、楽だし、快適だし、銀行もお金貸してくれるし。

仕事してたらそりゃそうだよな〜なんて思うんですが、
こういう物件に巡り合えた時は嬉しくて、勇気をもらいます。
戦ってるな〜って。

この以前の持ち主さんから次の持ち主さんへきちんと元の形で
受け継がれていって、今は今なりの快適さも兼ね備えていき、
今らしい形になっていくけど、自然素材や、伝統の技が随所に感じられて、
家とともに生きていくっていう感じで。

とにかくこの好きなものを私もつなげていく役割を担いたいな〜
そんなことを思う今日この頃です。

※ちなみにこの家はすでに買主さんがいらっしゃって、その方が昔ながらに改修されている物件なので、
ご紹介とかはできないものです。
posted by フィールドガレージ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | みのむし不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

原さんちのDIYリノベ奮闘記11_最終回

原さんちのDIYリノベ奮闘記 最終回

こんにちは!原家の”おかあ”ことゆーこです☆


2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。

愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで

親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「最終回★BEFORE&AFTER」


4月半ば、怒涛の引越しを終えた原家。

ダンボールをひたすら開ける毎日。

ゴールデンウィーク恒例の私の実家帰省もせず

仕上がっていない部分を作ったり、まだまだ

やることはたくさん!

そして自ら追い込む為に、5月末に雑誌の撮影を承諾していたので

何がなんでも撮影出来るレベルに仕上げていかなくてはなりませんでした。


引越し後、撮影までにした事は


・ダイニングテーブル作製&タイル貼り

・チェストのエイジング塗装

・長女のクローゼットの棚・引き出しBOXの取り付け

・リビング収納のミラー扉取り付け

・寝室クローゼットのルーバー扉作製&棚取り付け

・洗面所の収納BOX塗装

・LDのブラインド取り付け

・ソファクッションの作製

・玄関のコート入れのアイアン扉作製


だいぶ肝心なところも完成していないまま、強行に引越しをしたのが

バレてしまいますね。汗



では、今回はまとめとして

ビフォー&アフターの写真をご紹介します!

アフターは2016年12月撮影の最新写真です。


1、キッチン

奥の壁にシンクとガスを配置し、レイアウト変更したことで

動線をスムースにしました。

動線を良くすると、一気にストレスが解消されます。

01.jpg

15.JPG


リビングダイニング

キッチンとの間にあった壁を全て取り払い

広々と、明るい空間に変えました。

みんなが動きやすい空間に作っておくと

お手伝いする回数も自然と増えます。

02.jpg

03.jpg



3、玄関

天井を剥がして、高さを稼いだ部分に靴を置いています。

玄関こそコート入れが必要!

既存の靴箱の隣に鉄の扉を作成し、コートと味噌樽2つ仕込んであります。笑

玄関床タイルはまだ手がつけられず、2017年中にやる予定。

04.jpg

05.jpg


4、和室

押入れの部分はおとうのナイスアイディア!

下段がソファベッド、上段は隣の部屋の長女のベッドになりました。

06.jpg

07.jpg

08.jpg


5、洗面所

扱いやすい足場板スライスとタイルを貼り、クラフト感を出しました。

床は足触りのいいジュートを敷いてあります。

09.jpg

10.jpg


6、お風呂

ユニットバスもブラウンを選べば高級感が出ます。

汚れも目立たずオススメです。

ライトは調光可能なものにしておくと

限りなく暗くしてリラックス度が上がります。

浴槽は断熱浴槽で次の日までお湯の暖かさをキープできます。

11.jpg

12.jpg


7、トイレ

トイレは家族のコミニケーションの場所です。

子供へ伝えたいメッセージを凝縮させることができます。

居心地の良い空間にするために

壁紙のデザイン、壁の色、飾るもの、

全てこだわっています。

13.jpg

14.jpg


いかがでしたか!?

原さんちのDIYリノベ奮闘記。

まだまだお見せしていない写真もたくさんあり、

もっと細かく書こうと思えばいくらでも書けるほど

思い出盛りだくさんのDIYリノベができました。


もう2016年も終わりに近づいてきたので

これにて最終回にします。 


ここで最後に2ヶ月半の工事について、

原家4人の感想を一言づつで締めたいと思います。


おとう

「大変なことは分かってましたが、全てを経験してみたいという好奇心から始めたのがきっかけ。(家族は迷惑!笑)

家はお金を払って作ってもらうのが当たり前の世の中で、消費的な考え方から脱却したいという思いがありました。

家族全員参加で家を作る。やればできるじゃん。でもその大変さと難しさから同時に職人さんに敬意を感じることもできたと思う。

自分たちの暮らしは自分たちで創る。そんな当たり前のことを身を持って経験できたのが今回の収穫かな。」


おかあ

「職人さんてすごすぎる」

そうた

「今見えているものは、ほんの表面的なものにすぎないという事がわかった。」

アミーゴ

「大変だったけど色々といい経験になりました。」


親方に最大の感謝を!

その他ご協力いただきました電気屋さん、水道屋さん、事務所のみんな、アミーゴの友達、本当に心から感謝申し上げます。

これからも原家一同よろしくお願いいたします!


ありがとうございました!


おわり


ゆーこ


*おとう... FG代表 原さん

*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー

*そうた... 原さんちの長男

*アミーゴ... 原さんちの長女

....................................................................

■ FieldGarage Inc.

http://www.fieldgarage.com/


■ instagram

https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/


■ Facebook

http://www.facebook.com/fieldgarage


■ Pinterest

https://pinterest.com/fieldgarage/


posted by フィールドガレージ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

竹ノ塚ってどんな町?






みのむし不動産担当のカシマです。

今日は弊社で施工した物件で、ただいま賃貸絶賛募集中の

「竹ノ塚スカイタウンマンション」

のある 竹ノ塚 に行ってきました。

竹の塚スカイマンションの周辺をご紹介します!


IMG_2049_R.JPG


中目黒からは日比谷線で直通スカイツリーライン乗り入れで一本で、いけます。
日比谷線ユーザー には乗り換えなしで行ける便利なところです。

IMG_2048_R.JPG


駅前には商店が点在してます。
大きいロータリー。
結構車社会なのかな?という印象。


IMG_2053_R.JPG


飲食店にパン屋、ドラッグストア、ファーストフード、和菓子屋さんなどなどいろんなお店があります。
とくに 八百屋 さんがにぎわってました。


IMG_2050_R.JPG


東口には ピーコックストア 、西口には 西友 があります。

もう少し行くと イトーヨーカドー もありました。


IMG_2055_R.JPG


またまた 八百屋 。
結構八百屋が多く、物もしっかりしてて、お安かったです。


IMG_2056_R.JPG


ゆず の季節ですね〜。


IMG_2057_R.JPG


マンションからは徒歩7分ほどのところにある
「さんよう」

スーパーです。


IMG_2061.JPG


マンションから徒歩5分

「西保木間小学校」

校庭が広かったです。

IMG_2062.JPG


その小学校の隣には焼却炉があります。
その償却の熱を利用して 温水プール もありました。

その名も

スイムスポーツセンター 「ウキウキ館」


この前にバス停もあるんですがそこからプール帰りの 元気なおばあちゃん達 が乗ってきて
おばあちゃんたちの明るさにほっこり。


IMG_2065.JPG


IMG_2083_R.JPG

病院も徒歩3分という近さ。
この前からもバスは出ています。

IMG_2066.JPG


そしてその病院の目の前からは元気な子供たちの声が。

「水神橘保育園」



IMG_2069.JPG


そして今回のご紹介中のマンション
「竹の塚スカイタウン」




IMG_2071.JPG


マンションの目の前には公園。
お子さんいるご家庭にはいい環境だと思います。

小学校も5分だし。


IMG_2072.JPG

そしてエントランス前に毛長川
この木は桜だな〜!

IMG_2073.JPG

お散歩にはとってもよさそうな遊歩道です。
春が楽しみ!


IMG_2074.JPG

ごみ置き場。
綺麗に整頓されてました。


IMG_2075.JPG

そして隣は

「竹の塚中学校」

小学校も中学校も近い!


IMG_2076.JPG

エントランス。



IMG_2077.JPG

バリアフリー!



IMG_2078.JPG

郵便受け。
なかなかの数ですね。



IMG_2079.JPG


エレベーターは反対側にもう1台あります。
管理人さんもいます。
「おかえりなさい」
って言われて、ちょっと照れました、てへへ。


マンション自体は綺麗で管理が行き届いている感じです。

駅からは歩きで20分ほど。確かに歩きますが、歩けない感じではないです。
バスも出ています。

でも駅から外れるメリットとして

・部屋からの眺め
・空の広がり、
・静けさ
・のんびりした町の雰囲気

など
東京23区ですが、とても ゆっくりした時間 が流れていました。

草加市もすぐお隣。
草加せんべい のお店もそういえばいくつかあったな〜。


都会の喧騒につかれちゃったら、帰ってくるのはここ、竹の塚でほっと一息どうでしょうか?



賃貸の詳細は下記HPから!

posted by フィールドガレージ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | みのむし不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

リノベーションのその後に

みのむし不動産担当のカシマです。

今日は不動産探しからリノベーションまでワンストップでお手伝いさせていただいたお客様の
ご自宅にお邪魔した時のお話を。

02.jpg
 

まだみのむし不動産が開店したばかりに問い合わせをいただきました。

最初弊社を知ったきっかけは雑誌からでした。

「内窓が素敵な部屋だな〜」

という印象がとても強く、その家の施工した会社がフィールドガレージだったそうです。

そこからHPにたどり着き、弊社が 不動産探し からも始めたことを知り連絡してみようと思ったようです。


間取りや内装で色々とやりたいことや、要望があったため、今の部屋の現状をみるだけでなく、
その先を見越しての物件探しをしたいという思いがあり、リノベーション前提で物件探しもしてくれるなら
そのほうが希望通りのものが手に入るというところが大きな決め手になったようです。
一般的な不動産屋さんだとそこまで先を見越した物件探しはできないだろうなと思っていたそうです。

実際に物件探しは同じような価値観で町を見たり、物件もこんな内装にできるという提案もさせていただきながら、どのような暮らしができそうか、どんな生活が待っているかなども話しながらだったため、とても楽しかったといってくださいました。
私も実際とても楽しかったです。
喫茶店好きのお客様だったので、あそこの喫茶店がいいとか、物件探しの途中で喫茶店をみつけて
ときめいていたりしていましたね。

​​
IMG_0624.jpg
 


お客様からも「暮らしの希望」がきちんと伝わっていて、意識が同じだったことがよかった言ってもらました。

最初はまだ物件や地域への希望はぼんやりしたものでしたが、いくつか回っていくうちに
徐々に的が絞られていき、今の物件に出会った時にここだ!と決めることができました。
古い物件でしたがその代わり管理状態は良く、住民の意識も高いため古くても状態はとてもよかったです。
立地もよく、眺望、日照、風通しもとてもいいのも決め手でした。
予算がやや高めでしたが、それでも買うだけの価値はあるということでご決断いただけました。

 実際にリノベーションをして住んでみての感想は
「家に帰るのがとても楽しみになりました!家でゆっくりする時間も多くなり、
当初からの希望の人が集まる家にしたいということも叶い、家を楽しめているな〜と思います!」
とうれしいお言葉です。

好きなものに囲まれる家になり本当に幸せそうでした。

お母様は遠方に住まわれているのですが、月に1度こちらに泊まりにきて
ここの生活をお母様も満喫しているそうです(笑)

お母様も最初は古い物件買って大丈夫なの?リノベーションてどんな風になるの?
と不安が大きかったようですが、
きちんと購入からリノベーションまで一貫してさせていただく弊社の方針に安心感があったとおっしゃてくれました。

また、お客様の一番のお気に入りは
キッチンと洗面のタイル。
ここはご自身で貼られたので余計に愛着が沸いているようです。
「これからもどんどん自分仕様に変えていきたい!家づくりも、まだまだ続けていきます」
とDIYにもとても積極的でした。

​​13.jpg

最後におっしゃっていただいたのは
どうゆう家にしたいか、暮らしの希望を伝えた上で形ができあがったのが
とてもよかったとおっしゃて下さりました。
大満足の様子が伺えて、とてもあったかい気持ちになりました。

私もどんな風に生活できればお客様が楽しくなれるかを、
お客様と一緒に考え、一緒に探すことができました。
とても感謝しています!

これからもお客様の「暮らし」をサポートする不動産屋でありたいと思っています。
不動産はお金のことや、耐震のこと、トラブルなど多くの不安があると思いますが、
少しでも解決しながら、快適な住まいをご提案できるよう
私ももっと頑張るぞー!と意気込める機会でした。

お話し聞かせていただきありがとうございました。
これからも暮らしをぜひ楽しんでいただければと思います。
また、そこに関われたことを私も感謝致します。
 

 
IMG_0571-1.jpg
posted by フィールドガレージ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | みのむし不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

「中目黒マンションリノベーション」

先日、目黒側沿いのマンションのリノベーション住宅が竣工しました。
中目黒駅からも近く、すぐそばには目黒川が流れる好立地なマンション。
中目黒駅といえばつい最近、高架下の再開発によって素敵な飲食店や蔦屋書店なども出来て、さらなる活気が窺えます。
http://www.nakamegurokoukashita.jp

そんな便利でお洒落な街、中目黒の今回のリノベーション、
物件探しからフィールドガレージの「みのむし不動産」でサポートさせていただきました。


↓BEFORE
RIMG0097.jpg

↓AFTER
IMG_5687.jpg

西海岸テイストのインテリアをイメージしたシンプルなワンルーム空間、全体的に白をベースにした明るい空間、
食卓としても使えるアイランドキッチン、緩やかに空間を間仕切った木摺壁のクローゼット。

フローリングは、ナラ無垢材にうづくり加工の上にホワイトオイルを塗り重ね、
古材調に仕上げたアンティークフローリング材を使用。
クローゼットの木部塗装もうっすらと木目の見える塗装仕上げに。

IMG_5751.jpg
IMG_5714.jpg

また、ホテルライクなバスルームに、というご要望からガラス張りの浴室空間をつくり、
モルタルと、壁一面をサブウェイタイルで仕上げたシックな空間となりました。

IMG_5662.jpg
IMG_5672.jpeg
IMG_5669.jpg


キッチンの中で場所を取る冷蔵庫は、業務用の冷凍冷蔵庫をカウンターの下に。
その他、入り口の大きな木製引き戸やキッチンカウンターのベンチ、ベッドもフィールドガレージで製作しました。

IMG_5680.jpg
IMG_5674.jpg

設計のお打ち合わせの際には、インターンの学生さんと一緒に作った模型も活躍しました。
海外生活にも馴染みのあるお施主様の、センスやこだわりを感じられるマンションリノベーションとなりました。

IMG_0144.jpg
01 (1).jpg

photo : ゴ レイコ
text : カナリ

.....................................................................
■ FieldGarage
http://www.fieldgarage.com/

■ FG-craft
http://fg-craft.com/

■ Facebook_ (ココダケの写真載せています)
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Twitter_ (フィールドガレージのつぶやき)
https://twitter.com/#!/FieldGarageInc
posted by フィールドガレージ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マンションリノベーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

原さんちのDIYリノベ奮闘記10

原さんちのDIYリノベ奮闘記 10
こんにちは!原家の”おかあ”ことゆーこです☆

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
--------------------------------------------------------
「強行ng myway 〜引越ししました〜」

引越し2日前の日曜日。
クリーニングの日。

この日は、前々から義理の母に掃除を一緒に手伝ってほしいと
お願いしてあって、なんと美味しそうなお弁当とともに来てくれました。
我が家の掃除道具だけだと足りなさそうなので
お母さんにもほうきやボロ切れなどたくさん持ってきてもらい
みんなで新居を磨き上げました。

ほこりまみれのガラス窓をピカピカに磨き、
フローリングの隙間に入った木屑を掃除機でぐんぐん吸い取り、
ありとあらゆる場所に積もった埃を吹き上げ、
これでやっとやっと人間らしい生活ができそうです!

01.jpg
長女の部屋。ベッドに登るはしごもつきました。

02.jpg
さあ、片付けて磨き上げますよ!

03.jpg
お母さんはおこわが上手。
きれいな卵焼き。鶏肉の手作りハムも。全部おいしい!

04.jpg
お昼ご飯を食べて、あと少し、頑張ろう!

ガラスも磨いて、床もピカピカになって、
工事中のあの汚さが嘘のようになくなって
悲鳴をあげたいほど嬉しかったのに、
きれいに撮影できた写真が洗面所の写真1枚のみ。
いわゆる出来上がりの竣工写真がないのです。

あまりにもドタバタすぎて扉が付いていなったり、
ちゃんと完全に終わってはいなかったので
仕方がなかったといえば仕方がなかったか・・・

通常はお客様にお引き渡しの時はピカピカに仕上げて、
当然、工具やゴミなどが何もない状態で
きれいなお写真を撮らせていただいております!
我が家は超イレギュラーです!

05.jpg
唯一のきれいめなお写真に変なものが写っていた・・・


引越し当日。火曜日。

「アミーゴ、学校終わったら速攻帰ってきて!
荷造り、おかあひとりじゃ終わらない!
おとうは新居にいるから!」
「了解!!」

引越し屋さんが来るのは夜6時。
おとうは朝一で、引越し屋さんが運んでくれない水槽や釣竿などを
自家用車で新居に運び、親方と一緒にまだ終わっていないクローゼットの
ハンガーパイプの取り付けや、残工事を仕上げに行っていました。
長女が午後帰宅すると、二人で手分けをして猛スピードで
荷物を詰めていきました。

もう丁寧に新聞紙で包んだりしてません。
とにかく箱にぶち込むのみ。
引越しでこんなにドタバタするのは初めてです。
もう半泣き。
「なんでそうちゃんいないのーー??」
引っ越しの時こそいて欲しかったー!
腰が痛いよー。

17時過ぎ、引越し屋さんが到着。
5人くらいのスタッフが来て、勢い良く元気に部屋に入ってくると
見事なバケツリレーでホイホイ、ダンボールを2つづつトラックへ
積んでいきました。

驚いたことに、若い女の人もいて、ヒョイヒョイ荷物を2つ
重ねて玄関にいる男性に渡していきます。
その男性もトラックまで軽快に走って、相当重いはずなのに、
ヒョイとトラックに上がって乗せていきます。
はっきり言って感動です。

二人で目をまん丸くしながら、スゴイスゴイとガン見の嵐です。
しかもみなさん仲良しで、楽しそうに声を掛け合って運んでいます。
こちらも気分がいいのです。
引越し屋さんてスゴイね!頼んで良かった!
これさ、自分たちでやってたら死んでたよね。


ジャン!
2トントラック2便に分けて、夜11時に無事終了。
うわー遅くなっちゃた。夜逃げっぽい!笑
さあとにかく寝る場所を確保せねば!
06.jpg
あーーーーなんと長い1日だったことか!

さあ、明日から気合を入れて荷ほどきだ!(おかあひとりでね。とほほ。)

つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
*そうた... 原さんちの長男
*アミーゴ... 原さんちの長女
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

原さんちのDIYリノベ奮闘記9

原さんちのDIYリノベ奮闘記 9
こんにちは!原家の”おかあ”ことゆーこです☆

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
--------------------------------------------------------
「ラストスパート!」

4月15日

引越しまであと4日。
急げー!

実は・・・キッチンの壁面のタイルは、壁の下から半分くらいまでの分量を
親方がおとうの指示のもと、えらく男前なタイルを貼ってくれていたのですが・・・
男子と女子の意見が分かれまして、嫌だ!ってことで全部剥がさせていただき
新たに清潔感あふれる白いタイルを貼ることにしたんです。
ここはキッチンに1番長くいる私の意見を尊重していただかないと!
(親方、本当にごめんなさい!)

これにより新しいタイルの発注やらで1週間近く時間をロスしてしまったので、
猛スピードでやらなくてはいけませんでした。
夫婦タイル貼り。
2段づつリズミカルに貼っていきます。
塗る・渡す・貼る
餅つきのように息もぴったり!
よいしょ♫はいよ♫よいしょ♫
ほらーやっぱり明るいタイルの方がいいよぉ。
01.jpg
フィールドガレージでも良く使用するタイル。
少しゆらぎのあるカットでクラフト感があるのがお気に入り。
正方形と長方形を組み合わせてみました。
貼り方によってもイメージが変わりますよ。

02.jpg
親方は、ソファベッドの下の収納BOXを作ってくれています。


引越しまであと3日。

ソファベッッドの内側の壁の色がやはり気に入らず、再度色調整。
グレーすぎたので、もう少し赤みのあるライラック色に。
きれいに仕上げるため、一度グレーを白く塗りつぶしてから。
一体何度塗装していることか!!!
あ、今度は良い感じの色。
よし、オッケー!
03.jpg

キッチン作業台のタイルの目地は生クリームのホイップの時に使う
絞り袋でやってみました。
パテの時にはケーキ用のゴムベラを使ってみたり、
意外とお菓子作りの道具が使えるものがあります。
04.jpg

キッチンの壁の目地はキッチン専用の目地材を使います。
すぐに乾いてしまうので、4人で一気に目地入れをしていきます。
猛スピードすぎて、ピントがぶれる。笑
05.jpg
タタタータタタータタタタタッタ!
運動会のあのリレーの曲を口ずさみながら!
曲名なんだっけ?

06.jpg
できた!ふう〜
この線の揺らぎがいい感じなんです。

07.jpg
はい次は、食器棚を塗って!
内側はベッドの壁の余ったペンキでライラック色に。

08.jpg
なんとか色々終わったようで、(ほ、本当に!??)
夜、ついに床の養生を剥がします。
ベリベリーッ!
久しぶりにフローリングとご対面。
お待たせー!

09.jpg
フローリングにwatoco オイルフィニッシュをがんがん塗っていきます。
うわーもう変な顔になってきた!
もう9時過ぎたよー。えーん。
泣くな!踏ん張れ!

10.jpg
このまま後ずさりしながら玄関まで塗り進めます。
あと戻りはできません。
このまま帰りますよ!

11.jpg
あーっ親方!そこにいたのね!
洗面所の床にジュートを貼ってくれていました。
終わりそうですか?大丈夫ですか?
親方が終わらないと玄関のフローリングが塗れません!

こうして玄関でいっせーのーせでゴールし、4人で帰宅。
うわー今日何時までやった?

まあ、なんとか終わってよかった!
(終わってないけど!)

さあ、明日はクリーニングです。
引越しの受け入れ態勢を作ります。
あと2割くらい終わってないところがあるけど、もういいよ!
おしまいおしまい。

さーて残り3日で引越しの準備に集中しよう!

つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
*そうた... 原さんちの長男
*アミーゴ... 原さんちの長女
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

原さんちのDIYリノベ奮闘記8

原さんちのDIYリノベ奮闘記 8
こんにちは!原家の”おかあ”ことゆーこです☆

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
--------------------------------------------------------
「ただひたすらに」

工事71日目
引越しまであと9日

このブログを読んでくれている方も段々飽きてきちゃったかなー?
「まだできないのー?」
って声が聞こえてきそうですが・・・笑
実際この頃の私たちも段々ラストスパートへ向けて
闘牛の如く地面を蹴って踏ん張っている最中なのでした!
踏ん張れ〜〜〜!

平日の昼間は子供達も学校でいないので、私と親方の2人仕事。
おとうも仕事が終わってから毎日現場に通いました。
忙しい中、毎日クタクタになるまで頑張って作業してくれました!
もう各自の作業着はペンキだらけのほこりまみれ。
つなぎ大好きな私なので、少しペンキ跡とかついたら
かっこよくなるなーと思っていたけれど、
まさかここまで汚れると思わなかった。(汗)

あと6日で仕上げを終わらせないといけないので
とにかくひたすら壁の塗装と床のタイル貼りに徹します。

01.jpg
黒の六角タイルには、黒い目地材を詰めていきます。
目地材は粒子が細かいので、扱いがとても大変。
煙のように粉がふわーっと舞うのでベランダで
窓を閉めて作業をします。
水と混ぜて練っていくのですが、
これまたなかなか水と混ざらない。
しかも鼻の中まで真っ黒になってもう大変!
鼻をティッシュでぐりぐりするのが唯一の楽しみ・・・笑

02.jpg
こちらはキッチンの床のタイル。
グレーの色のニュアンスが素敵な四角いタイルです。
同じく黒い目地材を詰めていきます。
詰めたら濡らしたスポンジで拭き取っていきます。


03.jpg
やっと寝室の壁も塗装に入りました。
大人3人でとにかくひたすら珪藻土を塗っていきます。
たくさん塗ったおかげで手つきも良くなり
どういうわけかプロ意識が芽生え始めました。
角をきれいに塗ることに命をかけ始める私。
でもうまくできるようになった頃に終わってしまうという
塗装「あるある」。残念!


工事73日目

おなじみの電気屋さんが来てくれて、一気に電気まわりの工事を仕上げてもらいました。
04.jpg
ソファベッドのニッチの中に明かりがつきました!
そうそう、こんなかんじにしたかった!
この中に何を飾ろうかな、わくわくします。

05.jpg
天井からぶら下がりっぱなしだった電気コードも
ご覧の通り、すっきり天井にスマートに収まりました。
壁に取り付ける照明も全て定位置につきました。
壁の塗装もかなり進んできましたよ。
”できてきた感”がじわりじわり!

06.jpg
おとうと二人で選んだトイレの壁紙を親方と二人三脚で貼ります。
この作業は集中力とスピード命!
壁紙をだいたいの長さで切って裏にのりを塗り、
壁に貼ったらはけで空気を抜いていきます。
次に貼る紙は柄を合わせて慎重に。
ぴったり柄が合った!
よっしゃオッケー!
トイレの壁は全部この柄になるとしつこくなるので
正面だけにこの壁紙を貼って、残り3面は塗装にしました。
色は壁紙の中で使われている水色がかった緑と同じ色を
イギリスのFARROW&BALLの水性塗料から選んで塗ったら
たまらなく素敵なトイレ空間になってしまった!
ペーパーホルダーは私の前職の輸入雑貨会社で新入社員の頃に購入した
イタリアのアンティーク風な真鍮ホルダー。
20年前の購入だからもはやいい味が出てきている。
やばい、似合いすぎだわ!

07.jpg

長女も学校帰りに現場に来ては、ひたすら塗るの繰り返し。
リビングからスタートした塗装が、徐々に廊下へ、玄関へ
洗面所へと進んできました!
あと一息です!

この頃は夜遅くまで全員作業してヘロヘロになり、
引越しの準備もままならず。
家に帰って、お風呂に入ってバタンキュー。

結局、自力引越しは、今回ばかりは無理とおとうに懇願し、
引越し屋さんに見積もりをお願いすることにしました。
本当は日曜日に引っ越しをして長男の力も借りたかったのですが
ぎりぎりまで作業することにして、2日伸ばしの火曜日に引っ越しすることにしました。
何しろ住める程度に完成させなければ引越しもできません。
とにかく作ることに専念しなければ!

引越し代を安くするためには、先方に時間お任せの
1番遅い夜便になりそうだったので、
だったら当日の朝、荷造りすればいいくらいの
おおらかな気持ちでいることにしました。(変な余裕!)

さあ、引越しまであと5日!
どうなる!?原家!?

つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
*そうた... 原さんちの長男
*アミーゴ... 原さんちの長女
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

原さんちのDIYリノベ奮闘記7

原さんちのDIYリノベ奮闘記 7
こんにちは!原家の”おかあ”ことゆーこです☆

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
--------------------------------------------------------
「見えてきた!」

工事64日目

4月に入り長男も長女もあと数日で春休み終了という
人手不足必至な状況になってきました。
とにかく学校が始まるまでは毎日頑張ってもらうしかありません。

引っ越しは2週間後。
しかもまた自力引越しをやろうとしています。
果たしてできるのでしょうか!?

引越しに関して相当な不安を抱えたまま、
日中は現場で作業し、夜、家に帰ってから荷造りするという
過酷な日々が始まりました。
さらには、家で使っている自作の木製のクローゼット2台、
テレビ台、水槽台、ベランダの棚などを全部解体し、
板の状態にして現場に運んでこなくてはなりません。
こちらの新居で全て棚などの材料として使うためです。
使えるものは捨てずにとことん使うのが原家の流儀。
ここは頑張らないと!

01.jpg
長く辛い下地期間が終わり、ついに本番の塗装に入りました。
もちろん本番も長いのですが・・・
長女は部屋の壁を水色にしたいので、
まずは全面をローラーで白く塗っていきます。
白くしてから水色を塗らないと、下地のベニヤの色が出てしまうので。


親方がキッチン収納兼アイランド作業台の造作に取り掛かりました。
家のど真ん中にくる最も重要な部分です。
当初、天板はコンクリート(おとうが現場で作ろうとしていた!)
で作る予定でしたが、急遽、今やっている現場で大判タイルが余ったので、
そちらを使うことにしたようです。
内心ほっ。作るの大変な事知ってるくせにやろうとするから〜!
時間もございませんよっ!
02.jpg
毎回おとうの急な変更や要望も穏やかに受け入れる親方。
いつでも平常心で黙々と作業。
尊敬します。

03.jpg
親方、私、そうたの合作。ダブルベッドも大体完成!
下はあまり使わないけど取っておく物用の収納スペースです。

04.jpg
色の調合師アミーゴ。
部屋の壁を全部水色に塗り終えると、
今度はベッドのアンティーク窓と同じ茶色を調合して、
窓枠を塗っていきます。
赤、青、黄色、白、黒を絶妙に混ぜ合わせ全く同じ色が再現できました。
絶妙〜〜!

05.jpg
タイル職人そうた。
キッチンの床のタイル貼りに入りました。
端や角の方はタイルカッターでぴったりサイズに切っていきます。
もはやタイルの扱いはお手の物。
頼もしくなってきましたね〜


工事70日目

ああ、なんと春休みが終わってしまいました!
工事ができる最後の日曜日、
全員集合&アミーゴのお友達にも手伝ってもらって猛スピードで仕上げます!

06.jpg
長女の部屋の床は、ナラ材のフローリングに
水性塗料を塗って拭き取っていきます。
家族の中で一番こだわりの強いアミーゴは
自分の中にイメージが完璧にできているので
事前に何度も試し塗りして決定しているので
納得のいくように仕上げたようです。
妥協しない女。

07.jpg
扉の仕上げに入ります。
茶色い既存扉を白に変身させます。
乾かしながらなので、何日かに分けて行いましたが、
扉4枚分の塗った回数を数えると、1枚につきシーラー2回、
ファインウレタン2回の合計16回x裏表だから合計32 回塗りました。
もうだんだんお疲れモードに。
私はいい加減なので「もういいよこれで。」と
妥協しまくる女。
・・・の割には頑張ったのよ〜〜

08.jpg
こちらもお疲れのため、徐々に壊れていくアミーゴさん。
塗って塗って塗りまくる!

ソファベッドの内側の壁の色は白でいいかなと思っていましたが、
珍しくおとうが紫がいいかもと言い出したのでびっくりです。
今あまり紫は使わないけれど、オリエンタルっぽくしたいことだし、
意外といいかも?

まずベニヤをパテで塗って乾かした後、
アミーゴが調合してくれた紫で塗ります。
試しに塗ってみました。
さて、どうでしょう。

2面塗り終えたところで、紫が濃過ぎて気に入らず、
少し薄めてグレー寄りに調合し直してもらいました。
09.jpg
少し塗るのと、1面を塗るのでは
色の見え方が変わってくるので想像力が必要なのですが・・・
ま、いいかな。これで塗ってみよう。

10.jpg
あら!!今度はグレーに寄りすぎた!?
ほんのりむらさきを感じる程度のグレー。
なんか違うかも・・・
もうちょっと赤みが欲しい・・・
照明をつけたら、黄色味がかるし、日中と夜の見え方も違うので
しばらく様子を見ますか・・。

うまくいかなくて時間がかかることばかりだけど、
塗装が進んだら一気に終わりが見えてきました。
はたと周りを見渡すと、もうベニヤや石膏ボードが見えません。
これだけで劇的に仕上がってきた感が増しました!
やっと迷走から脱出できたかも!

終わる気は全くしないけれど、
あと1週間ちょっと、みんなで力を合わせて気合いで乗り切りますよ!


つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
*そうた... 原さんちの長男
*アミーゴ... 原さんちの長女
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

原さんちのDIYリノベ奮闘記6

原さんちのDIYリノベ奮闘記 6
こんにちは!原家の”おかあ”ことゆーこです☆

2ヶ月半に渡る、原家のDIYリノベ。
愛のいっぱい詰まった私達のおうちができるまで
親方もりりんと、原ファミリー4人の奮闘を振り返ります。
--------------------------------------------------------
「迷走の日々」

工事56日目

工事から2ヶ月近く経った3月下旬、河原の桜の蕾がほころび始めました。
長女がやっと春休みに突入したので、ほぼ毎日一緒に現場通い。
頼むね、アミーゴ。
ポカポカ日差しの中、お花見しながらのお昼ご飯はなんて幸せ〜!

01.jpg

さて、工事の方はおとうが仕事が忙しすぎてなかなか作業に入れず、
ちょっと心配になってきました。
しかも、唯一男で頼りにしている長男が徐々にだらけモードに。
夜遊びが過ぎてご覧の通り・・・!?
02.jpg
グーーー、グゥーーーーー、グアーッ、ゴーッ。

ちょうど出来上がった長女のベッドで昼寝をする長男。
真下で親方の電動ドリルの爆音が響いているというのにびくともしない!
小さい頃からどこでも良く眠れるのは知っていたけど、まさかここまでとは・・・
爆音だよ、爆音。すごいよ。驚きだ。
飛行機であまり寝付けない私からしたら、ちょっと羨ましい・・・

っていうか!親方は今、お前の寝る場所を作ってくださっているんだぞ!!
なのによく寝てられるな、お前はーーーっ!


ゆすっても何をしても目を覚まさない。

仕方なく養生シートで息子を養生する私。

どんなオチですか。
親方ごめんなさい。(涙)


そんな中、頼りにできるのはしっかり者のアミーゴさん。
グータラ兄を見ても何にも言わず、ただ自分のやるべきことをやっていきます。
私と長女は約2週間くらいかけて、塗装の下準備を進めました。
家中の壁全て、塗装する部分にひたすら下地材やパテを塗る。
塗って乾いたら、コテのすじ跡が目立って大きくデコボコしているところを
紙ヤスリでこすって表面を整えていく。
この紙やすりでこする作業が全身、部屋中、粉まみれになるのだ。
これが1番つらかった!
やればやるほど粉まみれ。やらない訳にもいかないし。
あー早く解放されたい!一体いつ終わるんだろう・・・
途方に暮れる毎日が続きました。
03.jpg
毎日全身粉だらけのアミーゴ。
早く家に帰ってお風呂に入りたい・・・

04.jpg
タイル職人そうたは、粉でヒーヒー言う女子二人を尻目に黙々と作業。
6角タイルを敷き詰めていきます。
もう寝てませんか?大丈夫ですか?


女子チームが下地をやっている間に、
親方は着々と自分の作業を進めていきます。
ソファベッドのニッチが真四角だったので、私のイメージはアーチ型なんだと
伝えると、すぐその場で木を切り、ノミで角を削り、
あっという間に私の希望イメージ通りのアーチ型を作ってくれました。
すご〜い、親方!感動!

05.jpg

そして、解体時にできた廊下の天井の隙間。
玄関の天井だけを完全に取り払ったことで
廊下との境目にこの隙間ができてしまったのです。
これはもう収納スペースにするしかないです!
ヤッター!
狭い家だとこういう1ミリの無駄もありません的な発想に
異常な喜びと満足感を感じてしまいます。笑
収納場所に困っていたキャンプ道具がしっかり収まりました!

06.jpg

キッチンの食器棚も親方の手により、いつの間にか作られていました。
ここはパイプスペースが出っ張っていて格好が悪いので、
扉をかぶせるように作って隠してしまいます。

07.jpg

08.jpg
キッチンのシンクが来た!

09.jpg
2週間くらいかけて家中の下地と、ドア枠の塗装をすべて終わらせました。
やっと粉まみれから解放されます。

・・・・で、えっと、これからが塗装の本番なんだよね?

しかも1回とかじゃないんだよね?
2回くらい塗るんだよね、きっと。


終わるんですか?

本当に終わるんですか?

おとうちゃん全然手伝ってくれないですけど終わるんですか?


まだ終わらない、まだ終わらない・・・
砂漠の中でさまよっているような・・・

ゴールが想像できなさすぎて、モチベーションが下がります。

目の前に見えている風景は、
下地のベニヤ板や石膏ボード、養生シート、
電気コードもぶらんぶらんとぶら下がったまま、床は木の粉、パテの粉だらけ。
これが本当にきれいになるの?

「そうちゃん、アミーゴ、今のこの状態が
最終どんな風になるか 想像できる?」

首を横に振る二人。

「ダメだ。おかあも全く想像できない」

「おとうと親方は想像できてる?」

当たり前だろとうなずく二人。

想像できないって辛いのね。
頭の中に白いパテの粉がモヤモヤ舞ってブラックホールに吸い込まれそう。

わぁーーーーーーーー

迷走の日々がまたまたしばらく続きました。

つづく

ゆーこ

*おとう... FG代表 原さん
*親方もりりん... 大工も設計もこなす、FGのDIYアドバイザー
*そうた... 原さんちの長男
*アミーゴ... 原さんちの長女
....................................................................
■ FieldGarage Inc.
http://www.fieldgarage.com/

■ instagram
https://www.instagram.com/fieldgarage_inc/

■ Facebook
http://www.facebook.com/fieldgarage

■ Pinterest
https://pinterest.com/fieldgarage/
posted by フィールドガレージ at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 原さんちのリノベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする